Akamai Diversity
Home > Standards and Protocols

Recently in Standards and Protocols Category

常時SSL化に役立つアカマイの機能

「常時SSL」(Webサイトへのアクセスを全面的にHTTPS経由にする)という言葉が聞かれるようになってから既に数年が経過していますが、いよいよ本格的にWebサイトのHTTPS化が進んできました。特にここ最近弊社への問い合わせが増えておりますが、背景としては主要ブラウザのセキュリティ強化が主な要因と考えられます。2017年初頭にリリースされたFirefox51やChrome 56からは、パスワードを送信するHTTPサイト(非HTTPSのサイト)で警告が表示されるようになっており、今後リリース予定のChrome 62からは、HTTPサイトのフォームに何らかデータを入力するとアドレスバーに警告が表示されるようなセキュリティ強化が予定されております。

HTTP Archiveによると、HTTPS経由のリクエスト数は日々増加しており、2017年6月時点で約46%(ソース: http://httparchive.org/trends.php)となっています。今後予定されているブラウザのセキュリティ強化により、これからもさらなる伸びが予想されます。
 
HTTPSへの移行はセキュリティの強化だけでなく、Webサイトの表示速度を改善できる可能性もあります。
http/2登場以前は、HTTPSへ移行することは暗号化のオーバーヘッドや通信回数の増加により応答速度が遅延する懸念がありましたが、現状ではhttp/2による応答速度の向上はもとより、更なる高速化を実現する機能であるAdvanced Accelerationや今後リリース予定のResource Optimizer(Beta)の利用も可能となります。(Ionに含まれる予定の機能です)
そこで今回は、サイト全体をHTTPS化するために役立つアカマイの機能やTipsをご紹介致します。

 

NAB Show 2013 現地レポート part 2

NAB Show 2013現地レポート part 2の今回は、アカマイブースでデモを行っているソリューションについてご紹介致します。まずメインは、デジタルメディア/エンターテインメント系の展示会ということで、SOLAメディアソリューション群の中から、広告インテグレーションサービスとトランスコーディングサービスのご紹介です。

広告インテグレーションサービスは、通常プレイヤー側のオーバーレイで行っている広告挿入をストリーミングに直接挿入することで、ワークフローの簡素化やビデオ品質の劣化を抑えるソリューションです。オンラインビデオ広告は、プレイヤーの開発に多くのリソースを必要としますが、アカマイのクラウドを活用頂くことで、大幅なコスト削減やサービス提供までの時間を短縮することが可能となります。より詳しい製品概要はこちらをご覧下さい。

apr9-1.jpgのサムネイル画像