Akamai Diversity

Akamai Japan ブログ

Akamaiのキャッシュ/ブラウザのキャッシュ

以前にもアカマイのコンテンツキャッシュについてこのブログで紹介していますが、サイトの高速化やオリジンサーバリソースの節約(オフロード)といった対策を行う上で、キャッシュを制御することは非常に重要です。
ただ、コンテンツがキャッシュされる場所はアカマイのサーバだけではありません。アカマイに加えて他のキャッシュを制御することも重要になります。
今回はアカマイのキャッシュとブラウザのキャッシュの制御方法について解説します。

CDNを使って落ちないWebサーバを構築する

Webサイトのアクセス数を正しく見積もり設計するのは常にインフラ担当者の課題となります。そのアクセス数の予測によって、システム全体のコストに大きく影響を与えるので頭を悩ますのです。Web サーバ、ロードバランサーの機種や台数の選定、ネットワーク帯域の制約、冗長化設計など多岐に渡って考えなければいけません。過去のアクセス数や将来の需要を鑑みて、要件を定め、最後に突然のピークや予測不能な事項に対応するために安全係数をかけて見積もるケースが多いです。しかし、理想的なリソースの要求はプロジェクトのコスト圧縮によって、安全係数を下げたり、リソースを効率化したり、運用上でカバーして、かなり冷々しながら運用をしているWeb サイトは多いと思われます。予測されたイベントで待機されたり、突発的なアラートで夜間対応されたり Web サーバの運用も楽ではありません。

 Web サイトにはピーク性もあり、突然の予測不能なイベントによって、アクセスが集中することもあります。特にアクセスが集中したときにスパイクと呼ばれる現象が発生します。
how2dealUnpredictablePeak.png

eDNS: Akamaiで信頼のDNS管理

サイトの運営にあたってコンテンツのストレージや配信速度、アクセス制限などのセキュリティー対策などが注目されていますが(もちろんこちらも全てAkamaiの得意分野です)、多くの場合忘れられがちなのがウェブサイトのDNSです。
DNSは世界中のエンドユーザーをサイトに導く重要な役割を果たしている無くてはならない存在です。それと同時にハッキングによりエンドユーザーを不正なサイトに導いたり、DDoS攻撃の標的になってしまう場合もあり、また故意によるものだけではなく天災や事故等による被害に晒される可能性もあります。
Akamaiは世界をリードするネットワークエキスパートとして普段あまり注目されないDNSセキュリティーにもスポットライトを当てています。 
今回はAkamaiが誇る総合DNSソリューション、Enhanced DNS(eDNS)がどのようにDNSを狙った脅威からサイトを守るのか、そしてどのようなビジネスメリットがあるのかをみていきましょう。
Screen Shot 2013-02-14 at 10.01.47 AM.png

配信パフォーマンス向上技術 - SureRoute

エンドユーザーのページ表示速度への要求が高くなってきている昨今では、配信元のパフォーマンス改善に取り組んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、配信元のパフォーマンスは改善したものの、エンドユーザーに届くまでのトータルで見てみると、期待通りのパフォーマンスの改善は見られなかったという経験はございませんか?

これは、インターネットの内部のパフォーマンスに影響を受けていることも原因の一つと考えられます。インターネットは独立したネットワークの集合体であり、効率良く通信を可能とする作りとなっていないためです。
例えば、ネットワークを経由していく際に
    • 非効率で遠回りなルートを経由してしまう
    • 混雑しているネットワークを経由してしまう
    • 経由する際のピアリングポイントがボトルネックとなってしまう
    • ネットワーク障害などにより経由することができない
など、様々な可能性が考えられます。
パケットロスによるスループットの低下などもパフォーマンスに影響を与える原因の一つです。また、これらは経路の距離が長ければ長いほど影響は大きくなってしまいます。
さらに、ネットワークに障害が発生した際には、パフォーマンス向上以前に、配信ができなくなってしまう問題も出てきてしまいます。

今回は、これらのインターネット内部の問題を回避し配信パフォーマンスの向上・配信の安定化を実現するための一つの技術である SureRoute をご紹介します。

IPv6への対応

  もう10年以上も前に某展示会でIPv6対応製品が大々的に展示され、それを眺めた記憶があります。
その頃は、最新の技術として注目を浴びていたIPv6ですが、10年以上もIPv4に取って代わるような事態になっていないため、まだしばらくはIPv6へ変わらないだろうという気持ちがどこかで慢性化している気がします。

 

 そんな中、近年はIPv4の枯渇が騒がれ、携帯、タブレット、パソコン、テレビなど様々なデバイスからインターネットへアクセスを行う環境が進んでいるために、いよいよIPv6の必要性がすぐそこまでやってきています。


 

WEB サイトのトレンドを把握するのに便利なツールに、HTTP Archive があります。これは Alexa でランクされている各サイトのデータを集め、色々な指標で公開しているサイトです。

例えば、以下の円グラフは Alexa Top 1000 サイトにおける、 2010 年 11 月 15 日と 2013 年 5 月 15 日のコンテンツ量を表したものです。 2010 年 11 月 15 日では、ページ辺りの平均バイト数は 626 KB ですが、2013 年 5 月 15 日ですと、1246 KB と 2 年半で ほぼ 2 倍のサイズになっています。特にイメージなどの画像サイズの増加が顕著ですね。

chart.jpg


WEB サイト上のコンテンツ(データ)量が増える一方で、一昔前の 8  秒ルールから始まり、6 秒、3 秒ルールなどと、一般のインターネットユーザが WEB サイトに求めるパフォーマンスへの要望も年々高まるばかりです。




ウェブサイトを速く表示させる事がビジネスに直結している方々にとって、技術面で最初に検討する項目の一つに、自社 WEB サイトの性能を計測する事が挙げられます。

先ずは自社サイトが利用者にとって快適なのか?
をパフォーマンスの観点から測ってみる事は重要です。

無償のツールや WEB サイトで簡易的に計測する手法もあれば、APM (= application performance monitoring )の 1 カテゴリーとして、世界中のデータセンタに設置されたエージェント経由で、定期的にレポートを生成してくれるサービスなど、利用用途や目的によって、いくつかツールやサービスがリリースされています。

アカマイも Site Analyzer と呼ばれるツールを提供しており、世界中のデータセンタに配置されたエージェントから、顧客 WEB サイトのページロード時間や、特定のページ遷移に掛かる合計時間を定期的にレポートする事が可能です。

Luna Control Center.jpg



ただし、昨今の WEB を取り巻く環境を考慮した場合、エージェント型の計測手法にはいくつか課題点が挙げられます。

米国時間の2013423日、2012年第4四半期版のインターネットの現状(The State Of The Internet/SOTI)が公開されました(現状では英語版のみの公開です)。

 http://www.akamai.com/stateoftheinternet/

今回も色々なトピックが入っていますが、大きなトピックの1つはDDoSに関連する記事が入ったことです。ここではSOTIDDoS部分についていくつかのトピックをご紹介します。

NAB Show 2013 現地レポート part 2

NAB Show 2013現地レポート part 2の今回は、アカマイブースでデモを行っているソリューションについてご紹介致します。まずメインは、デジタルメディア/エンターテインメント系の展示会ということで、SOLAメディアソリューション群の中から、広告インテグレーションサービスとトランスコーディングサービスのご紹介です。

広告インテグレーションサービスは、通常プレイヤー側のオーバーレイで行っている広告挿入をストリーミングに直接挿入することで、ワークフローの簡素化やビデオ品質の劣化を抑えるソリューションです。オンラインビデオ広告は、プレイヤーの開発に多くのリソースを必要としますが、アカマイのクラウドを活用頂くことで、大幅なコスト削減やサービス提供までの時間を短縮することが可能となります。より詳しい製品概要はこちらをご覧下さい。

apr9-1.jpgのサムネイル画像

NAB Show 2013 現地レポート part 1

NAB Showとは世界最大規模のデジタルメディア/エンタテインメント業界向けカンファレンス&展示会であり、毎年1回、4月にラスベガスで開催されています。アカマイとしても、インターネット上でビデオコンテンツを提供される事業者様向けのクラウドプラットフォームをご紹介する為に、数年前から参加してきました。マーケティングにあまりお金を使わない弊社も、今年は力を入れて2400 sq.ft.と比較的大きめのブースを設け、総勢75名体制でアカマイソリューションをご紹介していきます。日本からは小職が参加しておりますので、このブログで現地レポートをお送り致します。

akamai_bannar.jpg
LVCC南館の入り口上部に大きくバナー広告を掲載しました!


1 2 3 4 5 6 7 8 9