Akamai Diversity
Home > Cloud

Recently in Cloud Category



今日、企業の活動にはITが不可欠なものとなりました。

その中で、IaaS/PaaS/SaaSといったサービスや、HDのビデオ、HTTP/HTTPSのインターネット・イントラネット・モバイルアプリのトラフィックは急速に増加し、帯域の需要増は1年あたり20-50%に上ります。

しかしその一方、60%の企業のWANに対する予算は維持もしくは減少となっています。
また、地方拠点や支社、支店、店舗といったブランチのネットワーク帯域は、数Mbpsといった充分とはいえない帯域となっているケースも少なくありません。

Source: http://info.aryaka.com/rs/aryaka/images/SOE%20Report-Jan%202014-final.pdf


さらには、72%のブランチからのインターネットアクセスはデータセンターを経由しており、ブランチのユーザーからすると高遅延・低帯域な通信となってしまっています。

これらに起因する「遅い」アプリケーションは、従業員の満足度低下や売上機会の損失、外部顧客への応答性悪化としてビジネスに悪影響を及ぼしていきます。


Impactofslowpage.png
コーポレートネットワークが抱える課題やチャレンジについて書きたいと思います。多くのお客様と会話した中では、次のような課題が聞こえてきます。

  • クラウドを活用したリファレンス・アーキテクチャの策定
  • インテグレーション費用の削減と、イノベーションの促進
  • ビジネス継続性のためのデータセンタの分散化
  • レガシーアプリケーションのインターネット活用の必要性
  • アジア諸国との柔軟なネットワークの配置
  • 統合化によるネットワーク遅延問題の解消
  • 場所や時間に依存しないワークスタイル環境の実現
  • 動画を利用した教育コンテンツの充実
  • Web セキュリティ・ガイドラインの策定
enterprise-network-matters.png
今回は、企業情報システムにてAkamaiの技術がどのように活用いただけるのかについてご案内させていただきます。
これまで、企業内ネットワークのシステムを国内外の事業所などから利用可能にする為の方法として、多くの企業では専用線やIP-VPNなどによるプライベートネットワークの拡張によってこれら要求を満たしてきました。
Terra_1_01.png   Terra_1_02.png

キャッシュ効率の上げ方 その2

可能な限り多くのコンテンツを可能な限り長い期間キャッシュする、ということが、アカマイのキャッシュ効率を上げるために重要なポイントです。

今回は、アカマイのキャッシュ効率を上げるための主な方法を紹介します。

キャッシュ効率の上げ方 その1

アカマイを利用するならば、なるべくキャッシュ効率を高めて、サイトの表示速度を上げオリジンWebサーバの負荷を下げたいですね。

キャッシュ効率について考えるために、まずアカマイのキャッシュの仕組みについて理解しておきましょう。

アカマイ化(Akamaize)

世界中約12万台のアカマイサーバとネットワークを使って、お客様のWebシステムを「アカマイ化」することで、

  • Webサーバの負荷軽減
  • Web閲覧の高速化
  • スムーズなストリーム配信
  • セキュリティ強化
等を実現することができます。
でも、実際に「アカマイ化」するには既存のWebシステムに対して大幅な修正を加える必要がある、とお考えではありませんか?実はそんなに手を加える必要はありません。

今回は、どのように既存のWebサイトを「アカマイ化」するのか、についてお話しします。