Akamai Diversity

Akamai Japan ブログ

2020 年 3 月 -- デジタル顧客体験における動画の重要性

作者:Charles Choe

今日は、Akamai の「2020 年 3 月リリース」の 4 日目です。本日の内容を始める前に、再度、この 1 週間のスケジュールを簡単に説明します。

  • 月曜日(セキュリティの 1 日目)は、Bot Manager、Fast DNS、Kona Site Defender、Prolexic Routed、Web Application Protector の機能強化を取り上げました。
  • 火曜日(セキュリティの 2 日目)は、Enterprise Threat Protector、DNSi CacheServe、Fast DNS、Identity Cloud などの更新について説明しました。
  • 水曜日は、HTML、API、動画、ソフトウェア、スモールオブジェクトコンテンツの配信プラットフォームについて、更新情報をお届けしました。
  • 木曜日(本日)の内容は、デジタル顧客体験です。特に短編動画について重点的に取り上げます。
  • 金曜日は、Akamai の製品をより短時間でコードとして管理したいとお考えの開発者やお客様に役立つ情報をお届けします。

デジタルの顧客体験

現在、「デジタル変革」の重要性は広く受け入れられていますが、「デジタル変革」の定義をどう捉えるかは組織によって大きく異なる可能性があります。しかし、変わらない認識もあります。市場がデジタル変革の進化を促し、そこでは顧客体験が重視されているという点です。顧客が変化すれば、企業も遅れずに対応しようとします。デジタルエンゲージメントをこれまでの規範や考えに当てはめることはできません。既存の価値基準とはまったく異なる新たなデジタル傾向を把握し、それに基づいて新モデルを開発する企業が顧客に支持されるようになります。

デジタル変革戦略の中核は、常時接続している顧客であり、これを念頭にエンゲージメントや満足度の新たな基準が定められています。高まる期待に企業が的確に対応するためには、オンデマンドでパーソナル化された魅力的なデジタル体験を提供し、あらゆるデバイスやタッチポイントで顧客とのやり取りを推進していく必要があります。

 

顧客重視戦略へと舵を切る

ビジネス戦略の指針となるのはテクノロジーではなく顧客です。しかし、多くの組織はいまだにポイント製品で複雑な問題を解決しようとし、顧客体験の質を高めることができずにいます。これではデジタル変革の進展についていくことはできません。市場シェアの低下や経済的な悪影響が生じる可能性もあります。さらに、レガシーシステムに起因した技術上の問題も、コスト効果の高い俊敏な市場適応の妨げとなります。カスタマージャーニーを可視化できなければ、パフォーマンスの検証は困難です。また、手動作業の多い複雑なプロセスによってリソースに重い負荷がかかれば、顧客に重点をおいた取り組みに注力できなくなります。

では、どうすればこうした課題を克服できるのでしょうか。まず、主要な目的の達成を阻んでいる技術的障壁を取り除くようなソリューションに重点を置き、包括的なアプローチでデジタルエンゲージメントに取り組む必要があります。Akamai Intelligent Edge Platform と Global Traffic ManagementIdentity CloudReal User MonitoringVideo Optimizations を活用すれば、パーソナル化、顧客に関する知見、モバイル、そして新たなデジタル・カスタマー・エンゲージメントの最も重要な要素の 1 つである短編動画など、顧客重視戦略を開始するために必要な機能を実現できます。

 

動画は強力だが適切に扱うのは難しい

現在、短編動画の活用は、顧客とつながるための最も効果的な手段の 1 つと考えられます。実際、製品やサービスについて調べる際に、ほとんどの人は動画の視聴を好み、長い文章を読むことは敬遠されます。動画があると Web サイトに費やす時間が 88% 長くなりオンラインアクティビティの 3 分の 1 は動画の視聴に費やされています。デジタル購買者は Amazon や同様の小売店で商品を調べる際に、平均 3 つの動画が視聴できることを期待します。だからこそ、組織にとって、1. 動画を使用(またはテスト)すること、2. ネットワーク、デバイス、オペレーティングシステム、ブラウザーの違いに関係なく、一貫してシームレスに動画を提供することが、重要なのです。 

美しく、視覚的に魅力的な動画を提供することと、過剰なバイト数でユーザーに負荷をかけすぎないこと-この 2 つをバランスよく実現するのは簡単なことではありません。動画は、映像と音声のコーデック、コンテナ、ビットレート、解像度など、その特性上、画像より複雑でサイズが大きいため、特に制約のある高レイテンシーのモバイルネットワークには新たな技術課題をもたらします。こうした課題に、動画消費の増大や顧客の期待の高まりが重なると、最悪の状況が生じることになります。

 

今すぐ動画を始める

朗報があります。Akamai Intelligent Edge Platform は、他社にない独特の強みとして、デバイスのタイプ、オペレーティングシステム、ブラウザー、ビューポート、画面解像度、ネットワーク状況など、エンドユーザーに関する高い可視性を備えています。Akamai はこのような知見を活用することで、最高のユーザー体験を提供できるよう動画の品質、形式、解像度を最適な組み合わせに調整し、安定した速度とパフォーマンスで配信できます。Image & Video Manager(旧 Image Manager)は動画の変換および配信プロセス全体をクラウドにオフロードすることで、動画のワークフローをシンプル化し自動化します。これにより、組織は貴重な IT リソースやビジネスリソースを浪費することなく、デジタル顧客体験を次のレベルへと引き上げるという最も重要な作業に注力できます。

すべてのウェブパフォーマンス製品の最新情報については、引き続き以下をご覧ください。

 

Image & Video Manager

mPulse

API Gateway

DataStream

China CDN

Cloudlets

 


 

Image & Video Manager

動画の重要性を踏まえ、「Image Manager」は現在、「Image & Video Manager」となっています。名称の変更に加え、今回のリリースでは、ダッシュボードの改善、新たな画像変換、動画字幕など、画像と動画の両方の最適化機能が強化されています。

主な特長

新しい動画ダッシュボード

Image & Video Manager ダッシュボードで、転送時間(秒)、バイト縮小率、配信されたコンテンツの種類、未処理動画(最大サイズ超過)などの動画最適化指標を把握できるようになりました。

動画品質設定の拡張

動画品質の設定が 2 つ(high-medium と low-medium)追加されました。ユーザーは動画品質とバイト縮小率のバランスをより柔軟に設定できます。

動画字幕

動画コンテナに埋め込まれるテキストファイル(mov_text)や webVTT ファイルなど、最適化された動画の字幕がサポートされます。

新しい画像ダッシュボード指標

ダッシュボードが強化され、デバイス別のバイト縮小率、ブラウザー/OS/品質レベルでの配信、モバイル向けのスケールなど、新たな画像指標が追加されました。

背景色の編集

待望の変換機能が追加されました。写真を再取得しなくても画像の背景色を変更/削除/置換できます。

中国におけるサポートの強化

中国における Image & Video Manager のパフォーマンスサポートが強化されました。

マスターポリシー

マスターポリシーを 1 回使用するだけでなく、複数の場所への転用も可能になりました。これにより使いやすさが向上し、保守作業も軽減されます。

高速アクティベーション

アクティベーションが合理化され、全体の所要時間が短縮されました。

 


 

mPulse

Bot Manager との統合によって、ボットや異常なふるまいに対する新たな検知機能が導入されました。ボットがユーザー体験や業績に及ぼす影響を把握しやすくなります。

主な特長

異常検知

Real User Monitoring(RUM)のパフォーマンスデータで異常なふるまいを検知し、リアルタイムアラートを提供します。

Bot Manager の統合

Bot Manager との統合によって、お客様は訪問者(人間かボットか)に応じてウェブトラフィックを区別し、ボットが本当のユーザーやビジネス指標に及ぼす影響を監視できます。

 


 

API Gateway

API レスポンスのキャッシュが改善されました。API クライアントのために、「すぐに変化する」データが適切に取得され、即座に更新されます。

主な特長

キャッシュの事前更新

キャッシュされた API レスポンスを期限が切れる前にリフレッシュすることで、高いパフォーマンスとオフロードを維持しながら、キャッシュ内のコンテンツを最新の状態にすることができます。

 


 

DataStream

製品強化により、データの消費と利用状況に関する知見を提供できます。計画や予測(過剰消費など)の向上に役立ちます。

主な特長

Billing レポート

Billing Center との統合により、さまざまなデータポイントを通じてデータ消費に対する可視性を提供します。利用状況をより的確に把握できるようになります。

 


 

China CDN

Akamai オープン API による各種機能の自動化または統合。

主な特長

China CDN Manager API

お客様はプログラムによってライフサイクルを管理し、Akamai の China CDN 上のプロパティホスト名の状況を監視できます。

 


 

Cloudlets

ポリシーアクティベーションにかかる時間を短縮

主な特長

高速アクティベーション

ポリシーアクティベーションにかかる時間を短縮

 

 

Leave a comment