Akamai Diversity

Akamai Japan ブログ

Akamai CLIのご紹介

弊社では昨年6月に作業の自動化が必要な方に向けて、統合された拡張可能なパッケージ管理ツールである Akamai CLI を発表しました。
また 配信設定を管理する為の Akamai CLI for Property Manager 、キャッシュパージの為の Akamai CLI for Purge というパッケージをリリース致しました。

今春のリリースでは Akamai CLI 1.0 が発表されましたので、アップデートをご紹介させていただきます。
今回は Visitor Prioritization Cloudlets 、Network Experience Analytics 、NetStorage(現在 プレビュー版)のパッケージも追加リリースしています。

Akamai CLI の開発ではシンプルさを維持しながら、すべてのユースケースのニーズを満たすだけの柔軟性を確保すべく
docker のような多くのコマンドラインツールと同じように、コマンドに続く引数や入力を指定することで作業を行えるようになっています。

・ドキュメンテーション

Akamai CLI のインストール、使用方法、パッケージ関連のドキュメントはこちらからご確認ください。


・パッケージディスカバリ

Akamai CLI には、利用可能な全てのパッケージの一覧表示と検索機能を追加しました。検索機能を簡単に見てみましょう。

パッケージを検索するには、akamai search に続いて検索条件を入力します。結果は最も近い内容にマッチしたものから表示されます。
利用可能なパッケージを全て一覧表示するには、akamai list に続けて --remote オプションを使用します
現在はアカマイの公式パッケージのみがリストに含まれていますが、今後はサードパーティのパッケージを追加する予定です。

・オートコンプリート


bash シェルと zsh シェルの両方にオートコンプリート機能を追加しました。akamai --bashakamai --zsh のいずれかを呼び出すことで、
インストールする為の指示が表示されます。オートコンプリートを有効にするには、.bashrc.bash_profile ファイルに eval "$(/opt/bin/akamai --bash)"
追加するか、.zshrc ファイルに eval "$(/opt/bin/akamai --zsh)" を追加します。

完了すると、TABキーで利用可能なコマンドまたはオプションを出力、または現在入力途中のコマンドまたはオプションを自動的に補完するようになります。
オートコンプリート機能は、パッケージのコマンド(PurgeやFastDNSなど)でも動作させることが可能です。

・利用可能なパッケージ

2018年5月現在、Akamai CLI で利用可能なパッケージは以下の通りです。

 Akamai CLI for Authentication
 Akamai CLI for Purge
 Akamai CLI for Property Manager
 Akamai CLI for Visitor Prioritization
 Akamai CLI for FastDNS
 Akamai CLI for Network Experience Analytics
 Akamai CLI for NetStorage (Preview版)

・新しいパッケージ

弊社では2018年5月から6月にかけて下記パッケージのリリースを予定しています。

 Akamai CLI for AppSec
 Akamai CLI for Network Lists&WAF
 Akamai CLI for Certificates
 Akamai CLI for API Gateway

これら新しいパッケージと以前リリースしたパッケージ含め、弊社では20種類以上のパッケージが利用可能または開発中となっております。
随時 新しいパッケージのそれぞれについて、情報公開していく予定となっております。

・What's Next?

Akamai CLI 1.0のリリースから、バージョン2.0までの後方互換性(Semantic Versioning)にコミットしました。
弊社の主な焦点は、アカマイをより簡単かつ迅速に活用いただき、お客様のニーズを満たす為にさらに多くのパッケージをリリースすることです。


ぜひ一度 Akamai CLI をお試しください。インストール手順はこちらです。(macOS、Linux、およびWindowsで利用可能)
パッケージの追加や機能についてのリクエスト、バグについては Akamai Developer Community へ英語でご相談ください!

Leave a comment