Akamai Diversity
Home > June 2015

June 2015 Archives

HTTP/2への対応

先日HTTP/1.1の後継であるHTTP/2がRFC7540として公開されました。
  
HTTP/1.1から16年の時を経て公開されたHTTP/2には、これまでのWEBパフォーマンスの課題を解決する為の様々な機能が含まれています。今回はHTTP/2の新たな機能とAkamaiの対応状況についてご紹介します。

まずHTTP/2の機能に触れる前に、これまでのHTTPの変遷を簡単に振り返ってみます。


今日、企業の活動にはITが不可欠なものとなりました。

その中で、IaaS/PaaS/SaaSといったサービスや、HDのビデオ、HTTP/HTTPSのインターネット・イントラネット・モバイルアプリのトラフィックは急速に増加し、帯域の需要増は1年あたり20-50%に上ります。

しかしその一方、60%の企業のWANに対する予算は維持もしくは減少となっています。
また、地方拠点や支社、支店、店舗といったブランチのネットワーク帯域は、数Mbpsといった充分とはいえない帯域となっているケースも少なくありません。

Source: http://info.aryaka.com/rs/aryaka/images/SOE%20Report-Jan%202014-final.pdf


さらには、72%のブランチからのインターネットアクセスはデータセンターを経由しており、ブランチのユーザーからすると高遅延・低帯域な通信となってしまっています。

これらに起因する「遅い」アプリケーションは、従業員の満足度低下や売上機会の損失、外部顧客への応答性悪化としてビジネスに悪影響を及ぼしていきます。


Impactofslowpage.png