Akamai Diversity
Home > July 2014

July 2014 Archives

弊社でお客様サイトのパフォーマンス計測をした際に、非常にアクセス数の多いページが No-Store に設定されている事が良くあります。
これは、そのページに対する全てのリクエストがオリジンサイドにフォワードされることから、オリジンインフラに大きな負荷を与えるだけでなく、レイテンシの増加によりエンドユーザーエクスペリエンスにも悪い影響を与える可能性があります。

キャッシュ設定が出来ないページには、No-Store設定が必要ないくつかの理由が考えられますが、アカマイプラットフォームを活用することで、この課題を解決しキャッシュヒット率を向上させる方法について考えたいと思います。