Akamai Diversity
Home > Corporate > グローバルWebサイトの世界地図は必要ですか?

グローバルWebサイトの世界地図は必要ですか?

グローバルWebサイトとは、グローバルに展開する企業の代表となる Web サイトです。かなり乱暴に言うと、日本語を読めない方が、検索エンジン等で企業を探した時に一番最初に見る可能性の高いサイトです。http://www.foo.com/ や http://www.foo-global.com/ などのURLになっていることが多いかもしれません。企業の Web には大きく分けて2つの方向性があります。一つ目は各国や地域の市場に任せて個別最適化すること、二つ目は各国のバラバラな Web を統合する方向です。企業のグローバル進出の歴史や販売方針によってどちらかが選択されるべきで、どちらが良いとか悪いとかいう話ではありません。しかし、どちらにしても、国や地域に依存しない グローバルWeb サイトが重要になっています。
blog-globe.png
グローバルWebサイトが重要になっている背景には企業のブランディング戦略が挙げられます。アジア諸国や南米などでビジネスを成功するためには、企業のブランドを守り、そのブランドをお客様に正しく理解していただく必要があり、企業イメージや企業のなりわいやフィロソフィーを正しく伝えるコーポレートサイトが重要になります。個別最適化された販売優先のサイトとは別に、企業として統一したサイトが益々価値を帯びてくる時代になっています。その国の言語を使ってマーケティングがシームレスに見えるWebサイトの作りが理想となるケースも多いと思いますが、最初に見て頂くサイトをどう設計するかという課題に対してお問い合わせを頂くケースが多くなっています。

例えば、日本企業である foo という会社が http://www.foo.co.jp/ と http://www.foo.com/ のサイトを持っていた場合、どちらが、グローバルサイトなのでしょうか? http://www.foo.co.jp/ には日本語と英語のサイトがあり、英語のサイトがグローバルサイトというケースもあります。一方、http://www.foo.com/ がグローバルサイトということもあります。US 向け市場では、http://www.foo-usa.com/ が米国向けサイトになったりします。一方、米国は米国サイト=グローバルサイトということもあり、企業のブランディング戦略としてはかなり優位に立っています。グローバル=英語というのが当たり前の時代において、英語を文化圏としている会社と違い、日本語から英語に変換しなければならない国内企業は、グローバルWebサイトのあり方を考えなおす時期に来ています。逆に日本に進出している海外会社のケースを見てみると、英語のサイトを単に日本語化したサイトになっているだけで、国内では販売されていない情報が多数あったりして、非常にがっかりするケースもあると思います。つまり、ブランディングとマーケティングがシナジーを産んでいないサイトになっているケースが多く、それを見なおして、グローバルで強化したいブランディングと地域最適化のマーケティングを Web 上でシームレスに実現しようと計画されている国内企業が多く出てきています。

グローバルで名のある国内企業でも、グローバルサイトはまだまだ日本語コンテンツを英語で表示しているサイトということもあるのではないでしょうか。米国サイトも別にあると、どちらがグローバルサイトなのかということにもなります。Webサイトが複数あると、最終的にお客様に選んでいただくしかないなく、グローバルサイトにアクセスすると、最初に世界地図や地球儀を出して、自分の地域や販売会社を選択していただくようになっているサイトは多くあります。

その世界地図は本当に必要でしょうか?

もしクライアントのいる国や地域が分かれば、その国や地域に特化した Web を表示してあげるとユーザ体験が向上します。Akamai はクライアントのIPアドレスから国や地域を特定できるデータベースを持っており、事前定義した国や地域の Web に誘導する技術(Content Targeting) を持っています。

blog-content-targeting.png



例えば、個別最適化戦略をとっている企業が、次のようなサイトを持っていたとします。


   * http://www.foo.co.jp/
   * http://www.foo.com/
   * http://www.foo.com.cn/
   * http://www.foo.com.tw/
   * http://www.foo.com.hk/
   * http://www.foo.com.au/
   * http://www.foo.com.kr/
   * http://www.foo.co.uk/

Akamai の Content Targeting は国や地域を特定できますので、http://www.foo-global.com/ にアクセスされると、その国のサイトにリダイレクトすることができます。すでにグローバル統合されている企業が次のような URL をもっている場合でも、もちろんそのページにリダイレクトすることが可能です。

   * http://www.foo-global.com/jp/
   * http://www.foo-global.com/en/
   * http://www.foo-global.com/cn/
   * http://www.foo-global.com/tw/
   * http://www.foo-global.com/hk/
   * http://www.foo-global.com/au/
   * http://www.foo-global.com/kr/
   * http://www.foo-global.com/uk/

Akamai のすごいところは、この技術を世界中に分散されたエッジで処理できることです。通常グローバルサイトは日本に置かれることが多いですが、インターネットの距離の問題で初回のアクセスが遅くなります。しかし、Akamai を導入するとこの処理は 10 msec 以内で処理することが可能です。詳しくは前回の記事"製造業の企画の方に知っていただきたいCDN"を御覧ください。

Akamai の Content Targeting を使わないと、グローバルIPのデータベースを管理するコストやそれらの実装と運用のコストがかかります。Akamai では Luna Control Center の画面から簡単に設定できますので、運用コストも最少化できます。
blog-country-control.png


前述した例のように単純ではないケースも多数あると思います。例えば、欧州では複数の販売会社があり、選択するのはお客様だというケースがあります。その場合でも世界地図を見せて世界中の 50 の販売会社のリストを見せてあげるよりも、欧州に特化したリストを見せて選択しやすいようにしてあげることも出来ます。Akamai では大陸ベースの選択も簡単にできますので、欧州の場合は、特定のページを表示させるといったことも可能です。

一度選択したユーザが再度訪れたときに再度選択させたくないというケースもあります。Akamai はクッキーをみて判断することができます。

お客が明示的に自国とは違うページを見たいケースもあります。この場合は世界地図をみせるのは良いでしょう。Akamai は 細かく URL 毎に Content Targeting を有効にしたり無効にしたりすることもできます。

グローバルWebサイトには Akamai Intelligent Platform と Content Targeting が有効に機能します。

Leave a comment