Akamai Diversity

Akamai Japan ブログ

May 2013 Archives

渡邉 圭太

渡邉 圭太

May 2, 2013 3:18 PM

WEB サイトのパフォーマンスを測ってみる

ウェブサイトを速く表示させる事がビジネスに直結している方々にとって、技術面で最初に検討する項目の一つに、自社 WEB サイトの性能を計測する事が挙げられます。先ずは自社サイトが利用者にとって快適なのか?をパフォーマンスの観点から測ってみる事は重要です。無償のツールや WEB サイトで簡易的に計測する手法もあれば、APM (= application performance monitoring )の 1 カテゴリーとして、世界中のデータセンタに設置されたエージェント経由で、定期的にレポートを生成してくれるサービスなど、利用用途や目的によって、いくつかツールやサービスがリリースされています。アカマイも Site Analyzer と呼ばれるツールを提供しており、世界中のデータセンタに配置されたエージェントから、顧客 WEB サイトのページロード時間や、特定のページ遷移に掛かる合計時間を定期的にレポートする事が可能です。ただし、昨今の WEB を取り巻く環境を考慮した場合、エージェント型の計測手法にはいくつか課題点が挙げられます。