Akamai Diversity
Home > Corporate > NAB Show 2013 現地レポート part 1

NAB Show 2013 現地レポート part 1

NAB Showとは世界最大規模のデジタルメディア/エンタテインメント業界向けカンファレンス&展示会であり、毎年1回、4月にラスベガスで開催されています。アカマイとしても、インターネット上でビデオコンテンツを提供される事業者様向けのクラウドプラットフォームをご紹介する為に、数年前から参加してきました。マーケティングにあまりお金を使わない弊社も、今年は力を入れて2400 sq.ft.と比較的大きめのブースを設け、総勢75名体制でアカマイソリューションをご紹介していきます。日本からは小職が参加しておりますので、このブログで現地レポートをお送り致します。

akamai_bannar.jpg
LVCC南館の入り口上部に大きくバナー広告を掲載しました!


NAB Showにおける弊社からのキーメッセージは以下の3つです。

  1. 品質(Quality):最高の視聴体験を提供するためのサポート
  2. 簡略(Simplicity):クラウドのメリットを活用
  3. 開放性(Openness):柔軟性と選択を提供

「品質」とは、アカマイをご利用頂いているお客様が「なぜアカマイを利用しているのか?」という問いに対して回答される際に上位に来る言葉です。メディア業界の皆様から「高品質のCDNといえばアカマイ」とご評価を戴いておりますが、その品質をより高めていく活動をご紹介します。我々のお客様であるコンテンツ事業者様が、そのお客様である視聴者に対して、最高品質の視聴体験を提供していただく為の技術やサービスをアカマイはどう解決していこうとしているのか?我々は常に品質の向上に力を入れています。

「簡略」であるということは、コストを下げ、拡張性を上げ、コンテンツの可用性を上げ、未来志向の投資保護に繋がります。クラウドプラットフォームを活用するということは、複雑になりがちなインハウスのシステム構築を、よりシンプルで拡張性の高いものにしていくという思想です。最近のガートナー調査では企業のIT戦略上位にクラウド活用が上げられていますが、アカマイを組み合わせることで高い投資対効果を得られるようになります。

最後に「開放性」ですが、アカマイでは多くのパートナー様との協業により、お客様へのエンドツーエンドソリューションを提供できるように、オープンなエコシステム構築を推進しています。また業界における標準規格への準拠だけでなく、多くのお客様が利用されているデファクトスタンダードをサポートすることで、最大限のカバレッジを確保しているのです。

これらを実現するソリューションとして、今年はSOLA, KONA, AQUAのデモや詳しい技術的解説を行って行く予定です。ご期待下さい。

IMG_1508.jpg
ブースは南館入り口から直ぐの場所にあります。

IMG_1509.jpg
4社のパートナー様と4つのデモブース

IMG_1513.jpg
アカマイ社員も今日は下見見学のみ

IMG_1512.jpg
ステージも用意しています

Leave a comment