Akamai Diversity
Home > Akamai Japan > LUNA Control Centerで自由にカスタマイズ

LUNA Control Centerで自由にカスタマイズ

Akamaiの内部の仕組みやアーキテクチャーの複雑さを見るとその設定の仕方も高度な知識が必要なものと思われがちですがそうではありません。
お客様にも簡単に場所を選ばずにセルフインテグレーションを行っていただけるようAkamaiではお客様とAkamaiの窓口となるLuna Control Centerインターフェースを用意しています。
Luna Control Centerはユーザー視点からの使いやすさにこだわると同時にAkamaiが提供しているサービス全てを制御する非常にパワフルなツールとなっています。また、トラフィックやダウンロードなどのモニタリング機能も充実していてお客様のビジネスディシジョンのお手伝いをする事もできます。

サービス開始時にLuna Control Centerのログイン情報を提供しています。これを使いログインすると様々な設定やレポートをすぐに簡単にアクセスできるポータル画面がまず初めに目に入ります。画面上のメニューより一つ一つの機能へアクセスし直感的に設定を行っていく事ができます。また お客様のご利用サービスや契約内容によってインターフェースをカスタマイズしできるだけ無駄なコンポーネントを省く事によって分かりやすい、シンプルな作業スペースを作り上げています。もちろんご利用サービスの数が多い場合でも見たい物がすぐ見えるようにカテゴリー分けされたゆとりのあるものを用意しています。

新しいサービスの設定を行うには設定メニューで該当するサービスを選択し表示に従って基本情報を入力していきます。その後基本設定が終わったあと、そのサービスに関する追加機能を一つずつ選択し、設定する事ができます。作成した設定はサマリー画面で一望でき他のユーザーでも素早く設定内容を把握する事ができます。また同じ場所からAkamaiが提供する様々なモニタリングツールも設定する事ができお客様が必要としているデータを抽出し様々なレポートとして表現する事ができます。             

設定後の導入に関してはAkamaiが持つステージング環境、プロダクション環境いずれにもインターフェースを使いアップロードが可能で厳密なバージョニングシステムにより常に全ての設定の過去バージョンを持ち必要に応じてリバート(過去の設定にきり戻し)することができます。

また利用にあたって不具合が発生した場合はLuna Control Center内から診断ツールにアクセスしたり、カスタマーケアへの連絡方法なども記載されていますので、 安心してアカマイサービスをご利用頂くことができます。

Akamaiの壮大なネットワーク上に設定をアップロードし反映させるには若干の時間がかかりますが反映された時点で通知メールを送信することができますので時間をロスする事なくすぐに検証作業などに進むことができます。
これらの機能を備えた Luna Control Centerはお客様とAkamai内部との間にある重要な架け橋となりお客様のオンライン資産の パフォーマンスからストレージ、セキュリティーなど幅広く貢献することができます。

またLuna Control Centerは今現在も変化し続けているツールです。新しい技術やサービス、お客様やAkamai内部のユーザーの要望をできるだけ早く取り入れるため努力が施されています。これからもLuna Control CenterはAkamaiの技術とお客様と一緒に進化し続けていくでしょう。

Leave a comment